彼とヨリを戻した禁断の方法とは?「海の中を歩いた」奇跡の体験


 

秋はなんとなく寂しい季節…

だからこそ、新しい恋に出会ったり、

ずっと想っている人とうまくいきたいものです。

 

そんな甘い妄想に浸りながら、現実に戻ると

つい落胆してしまっている方…。

 

まだ、諦めてはいけません。

この時期から短期間で恋愛がうまく方法があるのです。

 

今回は、その方法で見事元彼と復縁できた、

Aさん(29歳・仮名)のエピソードをご紹介します。

 

彼に振られて半年が経ちますが、

まだ彼のことを忘れられずにいます。

 

振られた1ヶ月後、なぜか彼から連絡がきて、

ついつい会ってししまったのが始まりでした。

 

それ以降、週1回、彼に呼び出されるがまま会ってしまい、

いつの間にか都合のいい女になっている自分がいました。

 

彼と復縁したいのですが、彼の気持ちを聞くのが

怖くて踏み出せません。

 

a0001_016473

 

彼と一緒にいる間は楽しい時間を過ごせるのですが、

彼と別れて一人になると激しい震えが起こることもあるくらい

とても辛くて…。

 

自分でも壊れていくのが分かるくらい日に日に顔もやつれ、

ついには食事も喉を通らず、拒食症になってしまったのです。

 

そんな日々が続く中、痩せ細り、頬もこけた私を見かねて、

友達が、

「3年前の私を見ているみたい…これは教えたくなかったけど、

私は見たのよ。モーゼの十戒の様に海が割れたのを…」

と、私には見えない何かを見ているのか、

何かに憑りつかれて視線が定まらないのか、

分からなかったのですが、何かを話し出しました。

 

精神的に不安定な私ですら、その瞬間ははっきりと

その友達が尋常じゃないと感じるくらい

少し虚ろな表情をしていました。

 

そしておそるおそる教えてくれたのが禁断のサイト

『シエロ』でした。

 

少し怖かったのですが、今の状況以上に

悪くなることはないと吹っ切れて、

復縁専門の先生に電話してみました。

 

a0001_017627

 

電話が繋がった瞬間、まだ何も話していないのに

先生が一声目でおっしゃったのが、次の言葉でした。

 

「彼は新しい彼女がいます」

 

薄々は他に彼女がいるのを感じてはいたものの、

悲しみで無気力になり、涙腺が緩み、

涙が溢れて止まりませんでした。

 

しかし次の言葉で、瞳孔が開き目が飛び出そうに

なったのを覚えています。

 

「ただ、彼は今の彼女と別れて、あなたのところに戻ってきます」

と断定的に話されたのです。

 

さらに、

「別れてからは彼の都合で会うだけの関係だったかもしれませんが、

彼は心からあなたを愛していただけなのですよ」と…

 

彼が私の事を愛してくれているなんて思ってもいなかったので、

別れてからの彼の行動を思い返し、彼のことを考え続けました。

 

確かにそんな関係だったけれど、時折とても愛おしい表情を

していた気もしました。私の勝手な思い込みで都合のいい女に

なっていると思っていただけで、

実は彼は愛してくれていたのかもって。

 

 

そして、知らない間に眠りにつき、彼の夢を見ていました。

夢に出てくる人は好きな人ではなく、自分のことを

思ってくれている人だと、どこかで聞いたことがありますが、

本当にその通りなのかもしれません。

 

1週間後、今までと同じ様に「会おう」と彼から誘いがありました。

ただ、何かが今までと違ったのです。

 

朝まで愛を感じるように接してくれて、

気づいたら明るくなっていました。

こんなの初めての経験でした。

 

そして彼の口から出た言葉は、

「結婚して欲しい」

 

その瞬間、今でも夢なのか、幻覚なのか、

現実なのか分からないのですが、

私はモーゼの十戒の様に海の中を歩いていた気がしたんですよね。

 

と最後は一点を見つめ、今までにない笑顔を見せたAさん。

 

先生に言われたことを信じた結果、本当にそうなり、

最高の幸せを手に入れたのです。

彼女にとってはまさに奇跡の出来事だったのでしょう。

 

この様に、復縁専門の先生に相談することで、

余計な考えから解放され、しっかりとした方向に進み、

ヨリを戻す人は他にも多くいるとのこと。

 

『シエロ』はTVでも活躍されている占い師さんが多数在籍し、

芸能人も数多く利用しているそうです。

 

初指名10分無料、新着占い師はリピーターさんでも

お試し鑑定が10分無料なんだとか。

 

気になる人はまずは無料鑑定から試してみてはいかがでしょうか。

 

「当たりすぎて怖い」と言われる電話占い『シエロ』

 

 

このページの先頭へ