澤村拓一 森麻季と離婚 DV?週刊文春・新潮記事に抗議!

澤村拓一離婚 澤村拓一離婚文春画像 澤村拓一離婚新潮画像

13日に発表された、巨人軍の沢村拓一投手(25)と

元日本テレビアナウンサー森麻季さん(32)の離婚に関して、

週刊文春・新潮が掲載した記事に対し、

澤村は事実無根として抗議した。

 

澤村が抗議した週刊誌の記事には

どんなことが書いてあったのだろうか?


澤村拓一の離婚報道記事

 

森麻季が逃げ出した説

週刊誌Aは、澤村と森の結婚生活について下記のように書き綴っている。

巨人の選手間では、澤村・森夫婦については

昨年のオールスター前から”ヤバい”と囁かれていた。

澤村がロッカールームで妻の愚痴を言っているのを聞いた。

 

元々気性の激しい性格の澤村。

妻の森亜紀は、姉さん女房として、

社会人の心得をアドバイスしていたのだが、

澤村はそんなアドバイスに対し、

「鬱陶しい」

「俺の仕事に首を突っ込むな」

と反発していた。

 

料理番組を担当していたり、食生活に関する資格を持っている

森亜紀。せっかく澤村の体調管理を考えて手料理を作っても

澤村は夜な夜な街へ繰り出し、食べなかった。

 

 離婚の決定打となったのは、昨秋の激しい夫婦喧嘩。

森亜紀は顔に青あざを作ってしまうほどだったという。

さすがに愛想も尽きて、離婚を切り出した。

 

W不倫説

澤村離婚文春

沢村は結婚後、半年くらいから先輩達と合コンに行ったり、

集団デートをしていた。しかも相手は、若い女の子。

 

沢村は六本木の和食店をわざわざ閉店後開けてもらって、

女子学生とデートをした。

 

澤村はトリンドル似の女子大生を執拗に口説き、

昨年秋ごろから交際を開始。

一緒に宿泊したり、旅行の約束などもしていたという。

その女子大生には夫婦仲が上手くいっていないことも漏らしており、

離婚したら正式に交際しないか?と打診するほど、澤村はぞっこんだった。

 

一方で澤村はこんなことも女子大生に話していたという。

それは、森麻季が上重アナウンサーと密会していたこと。

 

森麻季はある日「女友達とご飯を食べに行く」と澤村に告げて

出かけたのだが、怪しいと思った澤村が、知り合いに尾行させたところ、

上重だったというのだ。

ちなみに澤村はこの密会の件で揉めたことも、女子大生には漏らしていた

 

この2誌の記事に澤村はツイッターで抗議した。

 

ちなみに週刊誌Fは上記2誌の報道について、補足情報を入れた。

ある球界関係者はこう語る。

「澤村は筋トレマニアで、エネルギーが有り余り手を上げることもあったようだ。一方、森さんは、澤村が夜遊びに 繰り出してろくに夫婦のコミュニケーションがな く、 そのさみしさを同期の上重アナと密会するこ とによって晴らしていたようだ」

 

そして、澤村の帰宅拒否症(?)も報じていた。

澤村は帰宅拒否症になっていた!?

昨年10月、巨人 のリーグ優勝祝賀会の帰り道、タクシーに乗り込んだ澤村。

もう夜も8時を回っているにも関わらず、タクシーは自宅へ向かわずに、

近くのエスニック料理店へ。 料理を買ってきた澤村は、またタクシーを走らせると今度 はラーメン店へ。

 

ラーメンを食べ終えた澤村は 再びタクシーを拾い、自宅のそばで降りるが・・・

まだ家に帰らない。   静まりかえった住宅街をひ とり、フラフラ歩き回る。

そして路上にしゃが み込み、携帯電話で長話を始めたという。

 

近所の住民いわく、 「澤村さんが夜、携帯電話をかけながら、

車で 自宅周辺をグルグル回っているのを見たことが あります」

どうやら澤村の帰宅拒否症はこの日に限ったことでは無いらしい。

 

澤村の結婚生活については、こんな証言もあった。

「筋肉オタクの澤村は、結婚直後から、 休日で も家でトレーニングの本を読みふけり、

奥さん の料理には栄養学的見地から、 あれこれ注文を つけていたようです」

「家庭よりも野球道優先の澤村の性格を知っている 巨人の選手たちは、

離婚と聞いても、 『あ あそう。仕方ないね』という反応でした。

それ ぐらい、澤村夫妻の危機は有名だったのです」

(スポーツ紙巨人担当記 者)

 

澤村の抗議については、読売巨人軍も抗議書を送付、両誌とも虚偽の事実を元に澤村投手らの

名誉を傷つける悪質な報道をしたとして、訂正と謝罪を求めている。

記事のどこが虚偽かについて、巨人軍の広報部は、取材にこう説明する。

「ほぼすべてと言いたいところで、澤村が女子短大生と不倫したことは

一切ありません。妻の森麻季さんに青あざができるようなDV行為もなかった

ということです」

一方で抗議を受けた週刊文春の編集部では、

「記事に書いてあることがすべてです」と取材にコメントした。

 

「記事は十分な取材に基づいており、内容には自信を持っています」と

同様なコメントをしている。

 

澤村拓一の離婚に関する騒動はまだまだ続きそうだ・・・・

このページの先頭へ