キャバ嬢時代の篠田麻里子!未成年の時から…飲酒は?

キャバ嬢時代の篠田麻里子!未成年の時から…飲酒は?

先日AKB48を卒業した篠田麻里子。

人気メンバーの卒業ということもあって、話題になりましたよね。

そんな篠田麻里子ですが、デビュー前にはキャバ嬢として

働いていたことが、割と有名なのだとか・・・

 


 

篠田麻里子のキャバ嬢時代

篠田麻里子はデビュー直後から、中州のキャバクラで

キャバ嬢として働いていたことが噂されてきました。

その噂について切り込んだのが週刊文春です。

篠田麻里子週刊文春

AKB入りするまで紆余曲折のあった篠田は、″前職″でもナンバー1になったことがなかったのだ。服飾系専門学校生だった篠田と中洲のキャバクラ「G」で一緒に働いていたA嬢が明かす。

このキャバクラGとは「ガイア」というお店であることが

明らかになっています。

 

※篠田麻里子のキャバ嬢時代と噂される写真

かなり怪しいです・・・

篠田麻里子キャバ嬢画像ガイア涼

 

キャバ嬢時代の篠田については、このように書かれていました。

「麻里子の源氏名は『涼』。二年ほど一緒に働いていました。AKBでは姉さんキャラみたいだけど、当時は妹キャラ。お酒はほとんど飲まないし、カラオケも嫌いでアイドル向きじゃなかったと思う。服にすごく気を遣っていて、他のコとドレスがかぶったら二度と着なかった。熱心な指名客は多かったけど、10くらい年上で黒髪ロングの姉さんがナンパー1。1日に10本以上も指名を取る売れっ子だったから、勝てなかったんです」

ということで、万年2位だったみたいですね。

 

※篠田のキャバ嬢時代の名刺と噂される画像

篠田麻里子キャバ嬢画像ガイア涼

そんなキャバ嬢時代を過ごしていた篠田ですが、

以前週刊誌で噂されたAKB48の運営会社「AKS」社長

窪田氏に見初められて、アイドルデビューへのきかっけを掴んだそうです。

「あるとき、店に来ていたAKBの社長さんが涼を指名したんです。それからしばらくして、『私、アイドルになります』って宣言して店を辞めた」

 

この記事では、篠田麻里子の元彼からのコメントも掲載されていました。

篠田は高校時代がモテ期だったらしく、

バンドマンやジャニーズ系のイケメン、

長身の同級生やクラブDJなどと交際をしていたそうです。

「麻里子はモテたから、付き合っていたときは、彼女を好きな連中からひがまれて大変でしたよ。パーマかけたり、制服を少し加工したりしてオシャレでしたしね。ただ、メチャクチャ気が強くて、ケンカのときは絶対に引かなかった」

マリコ様の気の強そうなところは、昔からだったんですね。

 

さて上京後、AKB劇場に隣接するカフェで

働いていた篠田麻里子ですが、

「お客に気を使って握手したりとか、結局AKBでもやってることが水商売の時とかわんないよ」

と、ぼやくこともあったのだとか・・・

 

ある業界関係者は、当時の事情についての次のように語りました。

「秋元さんのAKB評である『クラスで一番かわいいコではなく……』に習い、キャバクラで2番目にあまんじていた篠田を、窪田氏がスカウトしたカタチなんでしょうかね(笑)。しかし、アイドルデビューを約束され、意気揚々と上京してみればカフェで働かされる始末。まぁこれも、篠田を大人数グループにありがちな”その他大勢”から際立たせるための演出だというウワサもありますが……。その後、ようやくデビューしたと思えば、メディアへの出演はほぼなく、もっぱら専用劇場で歌うばかり。高校時代に異性にモテ、キャバ嬢時代もNo2にまで上りつめていた篠田からすれば、愚痴りたくなるのも当然かもしれませんね」

 

篠田麻里子のキャバ嬢時代の写真については

かなり検索されているようですが、上で紹介したものも含め、

これといったものが見つからないのが実情です。

 

下の画像を篠田麻里子のキャバ嬢時代の写真と

指摘しているブログもありますが、

篠田麻里子キャバ嬢画像

これは、残念ながら篠田の写真集発売時に撮影されたものです。

篠田麻里子キャバ嬢画像

 

また、これも篠田のキャバ嬢時代写真と噂されていますが、

篠田麻里子キャバ嬢画像

これはスザンヌですww

情報が錯綜しすぎですね。

 

ちなみに篠田がキャバ嬢時代に

お店のお客さんだった人の書き込みによれば、

篠田は未成年の頃からキャバ嬢として働いたそうです。

お酒が飲めないため、ノンアルコールのカシスオレンジを

飲んでたのだとか。

 

今でも務めていたキャバクラ「ガイア」や中州界隈では、

篠田の成り上がりは伝説的に語られているそうですよ。

 

ソロになった後も、伝説を作り上げることができるのか?

篠田の今後の活躍に期待しましょう。

 

このページの先頭へ