ロバート秋山竜次 嫁はしょうこ?実家の父親が凄い!

ロバート秋山竜次 嫁はしょうこ?実家の父親が凄い!

お笑いトリオ「ロバート」の秋山竜次(34)。

最近では、梅宮辰夫のお面で顔を隠した

体モノマネが人気ですよね。

ロバート秋山 体ものまね

 

 

そんな秋山ですが、TVでは「熟女好き」であることを公言していました。

なんでも、熟女好きのルーツは少年時代にあるそうで、

幼い頃、友人や現在の相方である馬場の家に行った時に

母親を見て好きになってしまったらしいのです。。

 


 

ロバート秋山の嫁は熟女?

好きな熟女としては、由紀さおりとヒラリー・クリントンに最も興味があり、

「熟女の崩れ落ちたヒザがたまらない」などと語っていました・・・

その他、好きな熟女に萬田久子、余貴美子、かたせ梨乃、櫻井よしこ

がタイプなのだそうです。

 

そんな秋山ですが、実は2008年にアパレルショップに勤める

一般女性と結婚していたことが、翌年に明らかにされました。

関係者によると約8年前に知り合い、秋山が東京・原宿の彼女が勤めていたショップに通い詰めて交際スタート。交際7年を経て1年前の彼女の誕生日に入籍した。

お相手の女性は「しょうこさん」という名前だそうです。

見た目は、「黒髪の和風美女。カワイイというより美形」と

関係者が語っていました。

 

※イメージ

ロバート秋山嫁画像

 

しょうこさんの年齢は、秋山の一つ下なので熟女ではありませんね。

相手の年齢について、「熟女じゃない」と周りから指摘を受けた秋山は、

「熟女好きじゃなかったと言われますが、結婚とそれは別もの」

と答えたそうです。

 

ただし、女性としての色気は「熟女がMAX」と

フォローを入れており、今後も変わらず熟女が好きであることを

強調していました。

 

相方の山本も馬場も、結婚はおろか、相手がいたことさえも

直前まで何も知らなかったようで、秋山の結婚発表に

ドン引きしていたのだとか…

 


 

実家の父親が凄い!

ロバート秋山の父親、秋山幸重さんもまた、

なかなか個性的な方のようです。

ロバート秋山父親ロバート秋山父親実家

元々は、ヤクザ映画の斬られ役などで活動した元俳優だったそうです

20代を東映の大部屋俳優として過ごし、30代になって

「いつまでも脇役ではつまらないと一念発起し、

新しい事業を模索するため」にアメリカを放浪しました。

 

その後、地元で自動車整備工場を経営。

かなり破天荒な人物で、幼稚園児の竜次を連れて

港のコンテナから食品を大量に盗み出していたという

ことを明かして言いました。

(『はねるのトびら』の地元ロケ企画にて)。

 

また、一時期は軽トラの海外輸出にも手を出していたようで、

安く軽トラを買ってきて、車体に『忍』、『侍』、『刀』といった

感じを一文字書いて、アメリカに輸出していたそうです。

アメリカでの忍者ブームもあって、

これが思いのほか売れていたのだとか・・・

 

最近では、飲食事業にも進出しており、

秋山の地元福岡で「ファンキータイガー」という店舗名の

ハンバーグ店を経営しています。

2店舗目の開業のときは、なんとヤフーニュースにも掲載されていました。

 

秋山の実家は北九州の採石場に囲まれた地域にあり、

少し離れるとショッカーの基地(馬場談)あるいは

グランド・キャニオン(本人談)のような風景が広がっているそうです。

 

採石場での発破による振動の影響で

実家の家屋は傾いており、床にビー玉を置くと転がるのだとか・・・

すごい・・・

 

個性的なキャラで人気のロバート秋山。

今後の更なる活躍が楽しみです。

 

このページの先頭へ