本谷有希子 結婚相手は御徒町凧!妊娠は?

本谷有希子結婚相手画像 御徒町凧彼女 本谷有希子妊娠 御徒町凧結婚相手 本谷有希子旦那御徒町凧

劇作家で女優、小説家の本谷有希子(33)が、

詩人で作詞家の御徒町凧(おかちまち・かいと、35)と結婚したことを

自身のブログで発表しました。

 


 
 

本谷有希子ブログ

なお、本谷さんのブログによれば、妊娠はしていないそうです。

 

 

 

■本谷有希子とは・・・?

本谷有希子結婚

1979年石川県生まれ。2000年「劇団、本谷有希子」を設立。劇作と演出を手がける。

07年『遭難、』(講談社)で第10回鶴屋南北戯曲賞を最年少で受賞。

09年には『幸せ最高ありがとうマジで!』(講談社)で第53回岸田國士戯曲賞を受賞。

一方、小説家としても活動。『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(講談社文庫)が

三島賞 『生きてるだけで、愛。』(新潮文庫)が芥川賞候補にノミネートされた。

 

そんな本谷さんはアイドルが大好きで、『本谷有希子のオールナイトニッポン 』では、

ハロプロへの想いを語ったり、AKB48メンバーを招いたコーナーを進行したりしました。

また、中高生時代にはおたく趣味だったらしく、漫画『幽☆遊☆白書』の

登場人物・蔵馬さんを愛していた。と告白したことがあります。

 

本谷さんの結婚相手は御徒町凧さんは、東京都出身の詩人、作詞家。

御徒町凧彼女

 

 

シンガーソングライター森山直太朗の成城学園高等学校の同級生で

作詞共作者として知らているそうです。

 

作詞作曲を手がけた作品としては 以下のようなものがあります。

・中孝介 – シングル『花』の作詞。(曲は森山直太朗)。

・華原朋美 のアルバム『NAKED』:M-4『哀しみの向こう』、M-8『ほうき星』の2曲の作詞。

・V6 – 27thシングル『UTAO-UTAO』の詞を提供。

・森山直太朗との共作 1stコアアルバム『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』以降、

直太朗と共作で作詞者として参加。7thシングル『時の行方〜序・春の空〜』以降は

直太朗と共作で作曲を始める。単独で作詞したものとして、

1stフルアルバム『新たなる香辛料を求めて』の

M-9『革命前夜、ブラックジャックに興じる勇者たち』で

詞を提供している。

 

その他にもKAI’NとしてAMUSEMENT PARKというバンドを組んでいたこともあるそうです。

御徒町凧さんも自身のブログで 結婚式を目前に控えた心境を綴っていました。

 

多方面で才能を発揮し、マルチに活躍するお二人。

早くもおめでたのニュースが待たれるところです。

 

 

このページの先頭へ