篠田麻里子 社長から社長へ乗り換え?

篠田麻里子社長  篠田麻里子窪田康志 篠田麻里子芝幸太郎

先日「週刊文春」が報じた、河西智美とAKB48運営会社「AKS」の

窪田康志社長との熱愛スクープ。

窪田社長は妻子ある身であり、河西との交際が事実ならば問題になる

ということで騒動になっている。

 

そんな窪田社長は2010年発売の週刊文春で、

篠田麻里子を可愛がっていたと報じられ、現在係争中である。

 

 

今回の河西と窪田社長のスクープでは、

河西が篠田から“窪田社長をを強奪した”とも言われているとか・・・

 

 

さてさて、そんな噂のあった篠田麻里子だが、

新たな疑惑が噴出しているという。

 

それが、窪田社長から芝幸太郎社長への乗り換え説だ。

 

「最近、篠田はAKB48劇場の管理を実質的に手掛ける『office48』の

代表・芝幸太郎氏と親密になっていると業界で噂されています。

芝氏といえば、以前はAKBメンバーだった宮澤佐江との交際説が出たこともあった。

かつて宮澤は単独のDVDや写真集を発売するなど優遇されていましたが、

昨年から急に上海のSNH48に移籍させられた。

対象が篠田に移ったため、運営から推されなくなったことが移籍の原因ともささやかれています」

サイゾーより

 

篠田麻里子社長

 

芝幸太郎とはどんな人物なのだろう?

 

篠田麻里子社長芝幸太郎篠田麻里子芝幸太郎

芝幸太郎 

1973年11月8日(39歳)

高知県四万十町(旧幡多郡十和村)出身

 

株式会社office48代表取締役社長

株式会社デジタルマーケット代表取締役社長

株式会社グラッシーズ代表取締役社長

株式会社サファリ代表取締役社長

森林によるCO2吸収促進プロジェクト「僕と地球を繋ぐ森」代表。

 

■経歴

1992年

高知商業高校卒業後、高知県香南市の半導体製造工場に入社。

約半年後、株式会社商工ファンドに入社。

1995年

同社山口支店の支店長に就任。

その後も岡山支店や渋谷支店などの支店長を歴任。

2002年

商工ファンド退職後、エステ関係の会社を起業・経営していたが、

同業他社でトラブルが相次ぎ、業界の弱体化を懸念し会社を売却。

2004年

株式会社office48(芸能プロダクション)を設立。

2005年

株式会社デジタルマーケット(IT関連会社)を設立。同年、作詞家秋元康

KRKプロデュース株式会社代表・窪田康志らと協力し、『秋葉原48プロジェクト』を発足。

2007年

株式会社グラッシーズ(飲食店)を設立。

2009年

高知県、四万十町、デジタルマーケット社との3者間でパートナーズ協定を締結し、ECOプロジェクト「僕と地球を繋ぐ森」を始動させ、同代表を務める。

2010年

株式会社サファリ(旅行代理店)を設立

 

おぉ。

どうやら、かなりやり手の実業家のようだ…

 

AKBメンバーのスキャンダル騒動は、どこまで続くのだろうか・・・?

ファンの気持ちを裏切るような報道がつづかないことを祈りたい。

 

■関連記事

河西智美 週刊文春に窪田康志とのお泊りをキャッチされる!画像アリ

 

このページの先頭へ