24時間テレビ ランナー2013が大島美幸に決定!流産乗り越え

24時間テレビ ランナー2013 大島美幸24時間テレビマラソン 大島美幸マラソン 大島美幸流産

11日の「嵐にしやがれ」番組内でお笑いトリオ「森三中」の大島美幸が、

日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリティーマラソンのランナーを

務めることが明らかになった。

 

大島美幸は1980年1月13日生まれの33歳。

栃木県大田原市出身、吉本興業所属。

身長166cm、体重88kg。

24時間テレビランナー2013

ご存知、森三中の大島が、なんとチャリティーマラソンに挑戦というニュース。

体を張ったギャグが持ち味のイメージがある大島だが、

少々重めの体重は大丈夫なのだろうか?

大島はこう語る。

「体重88キロで太っているんですが、最初からできないよというのはイヤなので。

24時間走ったら何が見えるんだろうって、好奇心もあります」

 

そして、24時間マラソンランナーに選ばれたことについては、

「光栄ですし一生に一度のこと。一生懸命走ってみなさんに笑顔を届けられたら」と

意気込みをみせたという。

 

女を捨てたキャラでTVでも引っ張りだこ、いつもにこやかで

明るい印象の大島だが、彼女にはかつて辛い過去もあった。

大島は小中学校時代、プールで裸で泳がされる、裸で土に埋められるなど、

陰湿で壮絶ないじめに遭っていた。

それがトラウマとなって今でも無視されることが大嫌いだという。

 

2002年に放送作家の鈴木おさむと“交際0日”という

超スピード婚で入籍し、幸せを掴んだ。

そして結婚から5年後、大島は妊娠。

 

しかし、子供を身ごもったことを喜んでいたのも束の間、

大島は流産してしまう。

病院に検診に行った大島から旦那の鈴木おさむへ電話があった。

鈴木が電話に出ると、大島はただ泣いていた。

鈴木はすぐ迎えに行ったが

大島が泣き崩れる姿を見て、言葉が出なかったという。

大島は泣きながら「家まで歩いて帰りたい」と言い、

その間、ずっと泣いていた。

 

大島流産鈴木おさむ

 

そんな大島を見て、鈴木は大島を芸人から引退させようと

考えたこともあったとか。

その時のことを鈴木はラジオでこう語っていた。

うちの奥さんが、あのー、結婚してね、5年目ぐらいで赤ちゃんができて、で、流産してしまったんだけど。その時にやっぱり、あの、凄いなって思ったの、女の人って。でー、やっぱり体を張る芸だったりするし、なんか、俺はもう芸人に戻れないと思ったの。うん。もちろん自分も悲しいよ。だけど、やっぱり当の本人の方が絶対その悲しみたるや凄いわけじゃないですか。もう泣くとかいうレベルじゃないから、ずっと。うん、泣くとかいうレベルじゃない状態だったし・・・

だから一回その日の仕事は断ってもらったの。当時マネージャーがいて、すごいそのマネージャーに感謝しているんだけど、マネージャーに『実は今検査したらそういうことになっちゃった』と。その日ね、昼から仕事があったんですよ。で、えっとー。『ちょっと今替わるから』って替わったんだけど、もうその声を、もう泣きを超えている声を聞いて『大丈夫です!』って言って、たぶん本当は休めない仕事だったんだけど、まぁ嘘をついてね、嘘をついて休んだんだけど、その姿を見ていたら俺は絶対に芸人は無理だと思ったの。・・・で、どうしてあげよう?って考えたのね。次の仕事を、もう引退させて、まぁなんか、ちょっとね・・

だってぇ、人があそこまで悲しむ姿ってのを僕は・・・、ね、もちろん自分も初めての経験だったから、やっぱり待望の赤ちゃんができて・・・。これが芸人じゃなかったら違うんだろうけど、人を笑わせなきゃいけない仕事で、こんなに悲しみを背負ったまま僕はやれんのかなって思ったけど、でも逆にね、そこからまた割り切って・・・ほんでそこからなのよ、お尻を出すようになったの。それで、より、自分の中でスッキリして、より頑張ってやろうっていう想いがあったから、よりそっから、今まで体を使ってたんだけど、お尻芸を今までたまにだったんだけど定番になってだからよりもっともっと振り切って、逆に笑わせてやろうっていうスイッチが入ったんだと思うんだけど。だからそれを見たときに、今後、結構なことが襲ってきても、これは笑にできるし大丈夫だなって思ったの。

 

今回チャリティーランナーのオファーを受けた大島。

「24時間走ったら何が見えるんだろうって、好奇心もあります」

とオファーを承諾し、心境を語ったが、辛かった日々を乗り越えた

彼女にはこの挑戦に何か思うところがあったのだろう。

 

大島にとっては前向きでかなりハードなチャレンジとなりそうだ…

ぜひ頑張って欲しい!

 

★追記

チャリティーマラソンを見事完走した大島。

流産した妻に送ったDVDを鈴木おさむが

番組に持参し、大島が流産した事実があらためて公開されました。

それに伴い、今回マラソンに挑戦した理由について

世の中には人知れず涙を流している人たちがいる。自分が体を張ることで、みんなが一時でも笑ってくれるなら、こんな素晴らしいことはない―。ひどい顔で走る姿を楽しんでほしい―。(完走が)ダメだったら、腹を抱えて笑ってほしい―。

と伝えられました。

 

■関連記事

森三中 大島と村上に不仲説だと!?

このページの先頭へ